原因別の解決法

トイレつまりの原因別の解決法

トイレットペーパーを一気に流し過ぎたり、便などが排水管にひっかかってしまった時、トイレつまりの原因となってしまいます。とりあえず水が流れているうちは、トイレがつまってしまったという感覚はなく、流したあとの便器の中の水位の下がり方が遅いと感じるくらいかもしれません。しかし、さらにつまっているところに少しずつトイレットペーパーなどが絡んでいき、最終的に排水管へ水が流れていかずに、水位が下がらなくなってしまう事も少なくありません。そこまでトイレがつまってしまう前に気づくことができた時に解決法として、お湯や市販されているラバーカップを使い、つまりを解消できる事があります。まずはできるだけトイレットペーパーや便を柔らかく溶かすことを目的として、少しずつ便器にお湯を入れていきます。その際、便器や排水管の傷み、故障の原因になってしまうので、熱湯は避けるようにします。うまくすると、お湯で対処している時点で、一気に流れてトイレつまりが直ることも多いです。それでも流れない時は、水に圧をかけることによって、中につまっているものを押し流して、正常に流れていく状態に戻します。

また、異物を落としてしまった時は、一気に便器内の水位が上がってしまうことが多いです。その場合の解決法として、手にゴミ袋などをはめて、直接つまりの原因になっていると思われるものを取り出すことにより、つまりを解消できる事があります。
ラバーカップでも流れない場合は、無理をせずに専門の業者に依頼するようにしましょう。

しかし、異物が原因ではないトイレつまりもあります。節水目的でトイレの中にペットボトルなどを入れて、水量を調節している方もいますが、配水管へ流す事ができる十分な水流が確保できなくなり、結果流れが悪くなってしまう原因になることがあるのです。また、タンク内の水を調節する機能がうまく働かなくなっている時や、故障で常に水が便器に流れている状態の時も、流す為に必要な水量が得られず、トイレつまりの原因になる時があります。自分で修理しようとすると、タンクや排水管のトラブルをさらに増やしてしまう時もありますので、この場合もトイレつまりの専門の業者に修理を依頼する事が大切です。

便器の中のものを流すには、思っている以上の水量、水圧が必要です。タンク内を掃除することによって、タンク内のトラブルを防げることもありますので、時々掃除をすることも、トイレつまりの解決法に繋がっていきます。原因が分からないトイレつまりや、原因が分かっていても直らないトラブルの時には、自己判断せずに、業者にみてもらうようにしましょう。

最新記事

  • 緊急でトイレつまりを解決したい時 トイレつまりが起こった時にどうしても緊急で直さなければならないことがあります …

    緊急で解決したい時