つまりの放置は危険

トイレつまりを放置してはいけません

用を足した際に、水の流れが悪くなっていたり異変を感じたことはありませんか。水位がいつもよりも高くなっているなどの違いを感じることもあるでしょう。とりあえず流れたからとそのまま放置をしてしまうと、突然水が流れなくなってしまったり、業者を呼んで故障の原因を調べてもらったりと、深刻な問題にまで発展する恐れがあります。トイレつまりを察知したら、すぐに原因を探って改善できるのかを試してみましょう。

まずは、自分でも出来る調べ方です。水位が高くなっている場合は、トイレ自体の問題ではなく配水管がつまってしまっている可能性があります。水位が下がるまで待ってから、ラバーカップを便器の排水口の部分に隙間があまり出来ないようにくっつけて、ゆっくりと排水口に向かって押してから勢いよく引き抜いてみましょう。この作業を繰り返しても詰まっているものが取れなかったり、改善がみられないようであれば、専門業者にみてもらったほうがいいです。

トイレつまりが取れたような感覚があれば、バケツを使って便器内に勢いよく水を流してみましょう。その水がスムーズに流れていくようであれば、トイレつまりが解消されたということになります。この時に注意をしたいのが、タンクの水を流して試してしまうと、もしもつまりが取れていなかった場合に、便器内に汚水がたまって溢れてしまうことがあります。まずは、バケツに水を汲んで少なめの水で試すようにしましょう。

ラバーカップで上手くトイレつまりが解消されない場合は、ワイラーブラシを使用する方法もあります。ワイヤー排水管の壁面を螺旋を描くようにねじり込んでいきます。ある程度伸ばしたら、異物を引っ掛けるイメージで前後させます。しかし、この方法は深刻なつまり症状の時のみ使うようにしてください。なぜなら、経験が少ない人が使用してもなかなか上手くいかないことが多いからです。挑戦してみて難しかったり、トイレつまりの解消がみられなければ専門業者に依頼をして任せることをおすすめします。

このように、トイレつまりは自分でも直せるときがありますが、素人ではどうしようもない状態になっていることもあります。一番大切なことは、異変に気が付いた時点で放置せずにすぐに対応することです。トイレが使用出来なくなってしまう時間が長いほどとても不便です。放置せずに、深刻な故障につながる前に原因をみつけて対応しましょう。水のトラブルは、業者もすぐに駆けつけてくれるので安心です。