異物でのつまりなら

異物によるトイレつまりになったら

トイレの水がなかなか流れないことがあります。何度かボタンを押しているうちに解決する場合もあります。でも何度押しても、なんの変化がないときもあります。そのうち流れるどころか、水がどんどん増えてきているようにさえ感じます。このまま、水があふれたらどうしようと心配になるかもしれません。落ち着いて、なにがトイレつまりの原因なのかを調べましょう。

トイレつまりの原因は様々です。たとえば新しいトイレの場合にも起こりやすくなります。また下水管の勾配が適切でない場合もトイレがつまりやすくなります。しかし最も多い原因は異物によるものです。どのような異物がつまっているかにより対処方法がちがってきます。
トイレットペーパーが詰まっている場合はしばらく時間をおきます。トイレットペーパーは水に溶ける性質があるからです。時間とともに溶けていくのを待って、もう一度水を流します。トイレの水では流れない場合はバケツやホースを使って、大量の水を流してみましょう。水圧により、たいていの異物は流れていきます。

また固形物の異物の場合は、できるだけ取り出すようにしてみます。ゴム手袋をはめて、針金を使うと手を汚さずに取り出すことができます。もし奥の方に異物があって、取り出せない場合は、長い針金で奥へと押し込むようにします。
下水管は奥の方が広くなっているので、奥に追いやるようにするなら、空間ができて水がながれるようになります。
また針金がない場合や細い針金しかない場合は針金ハンガーを使いやすい形にして使いましょう。針金ハンガーを伸ばしてから真ん中で二つに折るようにすると、使いやすくなります。これらの方法でも、異物によるトイレつまりが解決しないなら、ラバーカップを使う方法があります。適切なサイズのカップを使うことが大切です。サイズが合わないと真空状態にならないので流れていきません。

異物はトイレつまりの大きな原因のひとつなので、決してトイレットペーパー以外のものを流さないようにする必要があります。
子どもがトイレで遊ばないように、注意しましょう。トイレットペーパーをたくさん流す必要があるときは、何回かに分けて流すようにするなら、トイレつまりを防ぐことができます。
またよくあるのは、トイレ掃除用のティッシュです。トイレ掃除をしたあと、そのまま流すことができるのですが、まとめて流すことは厳禁です。何回かにわけるか、ゴミ箱に捨てるようにしましょう。