水が溢れると大変

トイレつまりで水が溢れると大変なことになる

現在では、多くの家庭で水洗トイレとなっています。水洗トイレはその名のごとく、水を使って排泄物やトイレットペーパーを洗浄するトイレであるため、トイレつまりを起こすと大変なことになります。流れて行くはずの水は滞るのに、タンクからは水が出続けます。排泄物やトイレットペーパーがごちゃごちゃになった汚水が徐々に便器の淵まで到達し、恐ろしいことに床に溢れる結果となります。

トイレつまりの原因の多くは、トイレットペーパーの使い過ぎや排泄物によるものです。その他には、ポケットから物を落としてしまったり、生理用ナプキンなど、水に溶けない物質を流してしまうことによるものです。
トイレつまりはそんなに頻繁に起こることではないため、近くにラバーカップがないことがしばしばあります。ラバーカップの代用としてペットボトルが使われる場合もありますが、空のペットボトルが必ずあるわけではありません。また、ペットボトルを切るなどの加工をする必要があるので、すぐには使えません。そのため、つい何度も洗浄レバーを引いて、それで流れて解決できればという考えを持ってしまいます。確かに、水に溶けるトイレットペーパーや排泄物であれば、時間を置くことで流れて行くケースもあります。しかし、何度も洗浄レバーを引くのはとても危険です。タンク内には異常がないため、当然ながら次に流すための洗浄水が用意され、いつでもスタンバイokの状態になります。下がつまっているのに、何度も洗浄レバーを引いて上からどんどん水を送り込むと、必然的にトイレから水が溢れることは容易に想像がつきます。

トイレつまりで汚水が溢れると、トイレの床が水浸しになります。トイレの内装によっては、トイレ内の床に排水口がなく、通常の部屋と同じような造りになっていることがあります。排水口がない場合、汚水を雑巾などに吸水させて拭く方法しかありません。水の量によっては、雑巾では間に合わないこともあります。また、2階のトイレがつまって水が溢れた場合は、1階の天井に汚水が滲み、天井にシミができるだけでなく、ポタポタと雨漏りのように汚水が垂れてくることもあります。
トイレつまりが起こった場合に備えて、ラバーカップはすぐに取り出せるところに置いておく必要があります。ラバーカップは水の流れを強制的に作り出し、つまっている物体の位置や形を変えることによって流れるようにします。ホームセンターなどで比較的安価で購入できます。自分では解決するのが難しいと判断した時は、早めに専門の業者に依頼すると良いです。